FX初心者向け

【FX】握力を高める4つの方法【超重要です】

 

お疲れ様です。アッポーです。

 

今回は、

エントリーしてもすぐに利確してしまう。

握力を高めるにはどうしたらいいの?

 

といった悩みに対して答えていきます。

 

今回の記事の内容

・握力とは?

・握力を高めるには?

・4つの方法を詳しく解説

 

私も、以前は握力が弱すぎてかなり苦しんでいましたが、今ではスイングトレーダーとして相場に残れています。

今から話す4つの方法をぜひ試してみてください!

 

 

 

トレードの握力とは?

 

「握力」とは、トレードポジションを保有できる力のことです。

 

もちろん、人によってトレード方法は違いますし、トレードスタイルはスキャルピングから長期トレードまで幅広いので、そもそも握力に対して悩んでいない方もいらっしゃると思います。

 

ですが、中には目標の利確位置まで待ちきれずに利確をしてしまう「チキン利確」や、長い損失の期間を過ごして自分がエントリーした場所まで戻ってきたときにポジションを解消してしまった。といった方は多いのではないでしょうか?

 

自分で言っといて耳が痛いぜ、、

 

ですが、握力は高めることができますし、方法によってはポジションが気にならなくなることもあるんです。

これから4つの方法を実体験を交えながら詳しく解説していきますので、悩んでいる方はぜひご覧ください。

 

それでは、いきましょう!!

 

握力を高める4つの方法

過去検証する

 

最も効果がある方法が、これだと断言できます。

 

つまり、「成功体験」をしているかしていないかです。

成功体験がないのに、実際のトレードでいきなり利を伸ばすことはかなり難しいです。

 

過去検証でしっかりと利を伸ばす練習をして、損益でもプラスにできれば自信になります。

その頃には、自然と握力は高まっていると思いますよ。

 

 

ですが、「むやみに利を伸ばす」ことにも注意してください。

例えば、

 

スイングトレードで1000pipsゲット!

 

という検証をしたとします。

 

あなたは、それを実際のトレードでも実行できますか?

できるなら、もちろん構いません。

 

「実際のトレードでもできそう」な程度のトレードルールを自分で考えて設定して、過去検証に臨むようにしましょう。

 

過去検証については、下の記事でも解説しています。

 

こちらもCHECK

【FX】過去検証のやり方、方法をわかりやすく説明します【検証例も】

続きを見る

こちらもCHECK

【FX】過去検証はスマホでできる!【ただし、シンプルな手法に限ります】

続きを見る

 

資金管理を徹底する

 

次に私が重要と考えているのが、資金管理を徹底するということです。

 

極端な例をあげます。

 

・1000円をトレードしている最中

・100万円をトレードしている最中

 

どちらが精神的に安定していられますか?

もちろん、1000円の方ですよね。笑

 

 

これは極論ですが、トレード中にソワソワしてしまうようなら、それは自分にとって金額が大きいことを意味します。

 

かといって、トレードする金額が少なすぎるといつまで経ってもお金が増えることはありません。

 

自分の精神状態は保ちつつ、着実に利益を積み重ねられる資金管理法を見つけていきましょう。

資金管理法について、もっと詳しく知りたいという方は、下の記事からどうぞ。

 

こちらもCHECK

【FX】オススメする資金管理法3選【私が実際に使っている資金管理法も紹介】

続きを見る

 

他に没頭できる趣味を見つける

 

これは、私が最近特に実感している方法です。

 

私の場合は、子育てもそうですし、このブログだってそうです。

どちらも難易度が高いんです(笑)

 

でも、子育ては子どもが自分を頼ってくれているときや子どもが笑顔のときには、この上ない幸せを感じることができます。

ブログなら、自分が発信していることに対して皆さんが見てくれたり、反応してくれたりすることが楽しいのでどんどんハマっていっています。

 

このように、趣味については本当に何でもいいと思います。

ですが、トレードや検証の時間まで趣味に費やさないよう気をつけましょう。(子育ては仕方ありませんが)

 

あなたの目標は、「トレードで利益を積み重ねること」のはずです。

それを忘れないようにしてください。

 

損切りや利確位置を動かさない(エントリーしたらあとは待つだけ)

 

これに関しては、過去検証に通じることでもあります。

 

過去検証で損切りや利確位置を動かさない手法を試し、有効性を確認しましょう。

あとは、その手法を使って淡々とエントリーしていくだけです。

そして、損切りか利確をするまで放置するだけです。

 

 

過去検証をしていれば、自然と握力は高まっていることと思います。

 

ですが、私の場合はトレード中に損切り位置を建値に移動することはあります。

 

私のトレードルールでは、

 

参考

「利確位置の半値まで利が乗ったら、逆指値を建値へ移動する」

 

という文言があります。

 

ですが、それは検証した末に決めた自分のトレードルールに則って決めていることなので、握力には何の影響もありません。

基本的にとにかく放置する手法を使っています。

 

私が使う手法については、下の記事で詳しく解説しています。

 

こちらもCHECK

【FX】エリオット波動をとにかくわかりやすく解説【筆者のエントリー例も】

続きを見る

 

この手法を使うようになってから、損益かかわらずに精神的な安定を手に入れることができました。

トレードを長く続けていく上で、精神的な安定はもっとも大切だと断言できます。

 

まとめ

 

今回の記事のまとめです。

 

今回の記事のまとめ

握力とは、トレードポジションを保有できる力のこと

握力を高める4つの方法

・過去検証する

・資金管理を徹底する

・他に没頭できる趣味を見つける

・損切りや利確位置を動かさない

全ては、メンタルを安定させるため

 

大事なことなのでもう一度。

全ては、メンタルを安定させるためです。

そして、その先には相場で勝てる未来が待っているはずです。

 

えらそうなことを言っていますが、私も勝てるようになってまだそこまで時間は経っていません。

一緒に勉強して検証して、相場に食らいついていきましょう!!

 

今回の記事は以上です。

 

このブログでは、他にもFXで役立つ情報を書いていますのでぜひご覧ください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

-FX初心者向け

© 2021 APPO BLOG Powered by AFFINGER5