FX過去検証

【FX】日足のボリンジャーバンドを使った手法を過去検証してみた【ユーロドル編】

 

こんにちは!アッポーです。

今回は、普段移動平均線とダウ理論しか使わない僕がボリンジャーバンドを使って過去検証してみたので、その結果を報告していきます。

 

今回のトレードルール

僕は、普段4時間足しか見ずにスイングトレードをしています。

その理由として、

・小さい子どもが2人いて時間がとにかく無い
・トレードに縛られる生活はしたくない

 

の2点が大きいです。

休みは子どもとしっかり遊びたいし、成長も見守りたいし、趣味も多くあるのでゆくゆくはほぼチャートを見ずに稼いでいきたいという身勝手な理由からスイングトレード人生は始まりました。笑

ですが、検証を重ねた末に現時点では年間収支をプラスで継続できています。

今回ボリンジャーバンドを使った検証は初めてなんですが、自分の軸は崩したくないので、日足を使ったトレードルールで検証しました。

この手法の前にも、2つほど自分で考えた手法を試してみたんですが、プロフィットファクター(利益÷損失)が0.6あたりをウロウロするクソみたいな結果だったので、ここでは割愛させていただきます(笑)

 

今回のトレードルール

・日足のみでトレード
・ボリンジャーバンドの期間は20
・長期に対して順張り、中期と短期の流れは気にしない
・ロングなら−2σ、ショートなら+2σでエントリー(つまり、中期と短期で見ると逆張りのような形が多い)
・損切りはロングなら−3σ、ショートなら+3σ または目立つ水平線を抜けた場所(目安は100〜150pips以内に設定)
・利確はロングなら+1σ、ショートなら−1σ
・ミドルライン(移動平均線)まで動いたら建値ストップへ移動
・リスクリワードは基本的に気にしない

 

例を挙げます。
下の画像をご覧ください。

 

 

環境認識は、普段のルール通りダウ理論におまかせします。
ダウ理論については、下の記事もあわせてご覧ください。

https://world-fx-history.com/dow

この場合は、黄色の水平線を上抜けない限りはショートし続けます。

 

エントリー例です。
ショートしか狙わない場面で+2σまできたので先述のとおりにショートします。

 

はい、串刺しにあって+3σまで伸びたのでこの例では損切りしています。(笑)

 

その後、また+2σまできたのでショートします。

 

今回は、狙い通りに−1σまで伸びてくれたので利確できました。
といった具合で検証してみました!

それでは、結果を見てみましょう!!

2016年〜2020年まで検証してみた

2016年

140pips
-60pips
0pips
-90pips
260pips
340pips
0pips
140pips
100pips
-100pips
180pips

結果
6勝3敗(勝率67%)
利益 1160pips
損失 250pips(PF 4.64)

2017年

−20pips
−40pips
−120pips
240pips
0pips
−150pips
100pips
−40pips
−65pips
0pips
−40pips

結果
2勝7敗(勝率22%)
利益 340pips
損失 470pips(PF 0.72)

2018年

240pips
135pips
−60pips
−150pips
200pips
0pips
−120pips
120pips
−30pips
−30pips
0pips

結果
4勝5敗(勝率44%)
利益 695pips
損失 390pips(PF 1.78)

2019年

−65pips
150pips
145pips
−40pips
−40pips
115pips
−65pips
0pips
−55pips
0pips

結果
3勝5敗(勝率38%)

利益 410pips
損失 265pips(PF1.55)

2020年

−90pips
140pips
0pips
−120pips
210pips
0pips
−40pips
130pips
0pips
−40pips
150pips

結果
4勝4敗(勝率50%)
利益 630pips
損失 290pips(PF 2.17)

通算戦績

19勝24敗(勝率44%)
利益 3235pips
損失 1665pips(PF 1.94)

総評

以上が、今回の検証結果です。

プロフィットファクターとエントリー回数が理想的な結果になり、自分の中では少し手応えがありました。

2017年のみ利益を損失が上回ったので心配になりましたが、確率に基づく考え方ではこういったことは日常茶飯事ですし、勝率が44%ならかなりの連敗もあり得るので淡々とエントリーしていけば手法として機能するのかなと思いました(´ω`)

修正する箇所として、

・損切りの場所
・中期トレンドが勢いよく動いている中で、逆張りをするか否か

の大きく分けて2点があります。

検証を重ねていき調整していければとおもいます!

全てのルールがはっきりするまで、実際のトレードはお預けですねd( ̄  ̄)

今後も、このような過去検証の結果を掲載していくので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

-FX過去検証

© 2021 APPO BLOG Powered by AFFINGER5