FX初心者向け

【FX】筆者が初心者だった頃の失敗談【2つ】

 

お疲れ様です、アッポーです。

 

今回は、

 

FXを始めたいけど、お金を失うのが怖い。

実際にFXを始めた人の失敗談が知りたい!!

 

といった方に向けて、私が初心者の時にした失敗を紹介していきます。

 

 

今回の記事の内容

・2度の失敗談をお話しします

・そこから学んだこととは?

 

始めは誰でも失敗しますし、人は失敗して成長します。

失敗で成長しさえすれば、それは「成功」です!

 

それでは、いきましょう!

 

 

FXを始めたばかりの方へ

 

まず、FXを始めたばかりの方に向けて一言申し上げます。

 

絶対に失敗します。最初は。

 

人間は欲深い生き物なので、失敗しないとわからないようにできているんですよね。

 

私も、そのことを大失敗してから気付きました。

失敗する前は、

 

稼ぎたい、、

とにかく稼ぎたい、、

 

という一心でした。

「損失は経費だ」「損切りは勝ち」などとは、もちろんですが到底考えることができませんでした。

 

なので、そういう人は絶対に失敗するんですが、失敗とひとくくりで言ってもいろいろあります。

少額で負けを重ねる人や、大金を一瞬で吹き飛ばす人。

 

再起不能になるほどの失敗をしては這い上がるのはとても困難になりますし、最悪の場合はFXそのものを諦めることになってしまいます。

 

僕の場合は、20歳そこそこで数分の間に50万円を失い、そこから数年の時間を無駄にしてしまいました。

 

そうなってはすごく勿体無いと思いますので、私の失敗談を聞いてください。

 

反面教師にして、少しでもこれから訪れるであろう失敗のダメージを軽くしていただければなとおもいます。

 

 

1度目の失敗

 

それでは、まず1度目の失敗をご紹介していきます。

 

最初の失敗は、ごく軽いものでした。(感覚によりますが)

 

20歳でFXを知り、好奇心で5万円を入金してスタートしました。

その時は、今のようにYouTubeで有益な動画もあまりありませんでしたし、19歳なんて全てを舐めて生きているような生物なので、勉強は一切していませんでしたね。

 

当時はドル円のみを触っていたんですが、いわゆる「損大利小」のトレードをしていました。

損切りをしていませんでしたし、絶対に損失を認めたくない、「プロスペクト理論」の化身のような男でした。(笑)

 

参考

プロスペクト理論・・・利益を得た時の嬉しさよりも、損失を被ったときの落ち込みの方が強く感じること。

 

「プロスペクト理論」については、改めて詳しい記事を掲載します。

 

その時は、時折訪れる大きな損失を損切りせず、追加入金でごまかしていました。

かといって、含み益が出たときは怖くなってすぐに利確

 

結局、その時期は10万円ほどを失いました。

 

もちろんショックでしたし、しばらくやめておこうと一時期思っていました。

ですが、「しょせんは10万円やし」とも思っていました。

 

あまり自分には響いていませんでしたね。

そこでの私は、一応「損切り」という言葉を覚えました。

 

2度目の失敗

 

この2回目の失敗がとんでもないものだったんですが、その経験をするまでは少し勝ったり負けたりの時期がありました。

典型的なビギナーズラックでしたね。

 

その時は、ブレイクアウト手法を使っていました。

その時のトレードルールはこんな感じです。

 

当時のトレードルール

・とにかくレンジを探して、ブレイクした瞬間にエントリー

・少し伸びたらすぐに利確

・失敗したらすぐに損切り

 

以上です。笑

 

リスクリワードは1対1でした。

こんな底辺のようなトレードルールだったので、もちろん検証もしていませんでした。

長期足も見ていませんでしたし、なんとなく選んでいたのでエントリーもブレブレでした。

 

ブレブレの時点で、いつかは大損して当たり前ですね!

 

 

そのタイミングで、いつかははっきり覚えていませんが、アメリカの雇用統計を迎えました。(かなり前のことですし、記憶から飛ばしましたw)

 

もともとブレブレだったので、FX関係で流れてくるニュースも鵜呑みにしていましたんです。

 

そこで、雇用統計の攻略記事のようなものを見てそれに思い切り乗っかってしまいました。

普段使っていたブレイクアウトの手法すらも使わなかったんです。

しかも、その時は資金管理も全く知らなかったのでフルレバで20枚を突っ込んでしまいました。

 

迎えた雇用統計。

雇用統計発表時に約30万円が一瞬で消えました。

 

私は、何が何だかわかりませんでした。そして、怒りで気づいたら直後にエントリーしていました。

しかも、その時は損切りなしで。

 

もうお分かりかとは思いますが、そこでまた約20万が無くなりました。

 

 

2度の失敗から学んだこと

 

ある程度キツめの失敗をして数年間お休みしていましたが、昨年の3月から「本格的に」始めました。

努力もせずに、50万円失って終わっていたのが、心残りだったのだと思います。

 

再度始めるにあたり、まずは今までの失敗を振り返りました。

そこで絶対に守ろうと思ったことは、以下の4点です。

 

ポイント

・損小利大を徹底する

・損切りは必ず置く

・自分の本当の手法を手に入れる

・資金管理を徹底する

 

正直、この4点を守るには、私の場合は大きな失敗を経験するしかなかったかなと思います。

実際は、このルールを守って現在はなんとか利益を出せているので、結果オーライだと思っています!

 

アホはアホなりに学べました!

 

現在のトレードルールは、下の記事で詳しく解説しています。

 

こちらもCHECK

【FX】エリオット波動をとにかくわかりやすく解説【筆者のエントリー例も】

続きを見る

 

まとめ

 

それでは、今回の記事のまとめです。

 

今回の記事のまとめ

・始めは、誰でも失敗する(FXは特に)

・失敗をしてもいいが、繰り返さないように!

・失敗からどれだけ学べるか

・諦めなければ、いつかは報われる

 

今の時代は有益な情報があふれているので、優秀な方は最初からある程度の利益を出せるでしょう。

凡人の僕がお伝えできることは経験談ぐらいなので、少しでも参考にしていただければと思います。

 

他の記事でも、FXに役立つ情報をわかりやすく解説していますのでぜひご覧ください。

 

今回の記事は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

-FX初心者向け

© 2021 APPO BLOG Powered by AFFINGER5