FX初心者向け

プロスペクト理論とは?【簡単にわかりやすく解説します】

 

お疲れ様です。アッポーです。

 

今回は、

プロスペクト理論ってズバリなに?

プロスペクト理論を簡単に教えてほしい!

 

と言った悩みに対して答えていきます。

 

私も、元々なんとなくは知っていましたが、説明するとなると厳しい、、

今回徹底的に調べ、わかりやすいようグラフも作成したのでぜひ最後までご覧ください。

 

それでは、いきましょう!

 

 

 

プロスペクト理論とは?

 

ここは少し難しいので、サラッと流していただいて構いません。

 

プロスペクト理論とは、1979年に行動経済学者のダニエル・カーネマン氏とエイモス・トベルスキー氏が提唱した説のことです。

利益や損失、確率などの条件によって、人間がどのように意思決定をしているかをモデル化したものです。

 

プロスペクトとは、日本語に訳すと「予想、見通し、見込み、期待」という意味です。

つまり、どういう意味でしょうか?

 

人は、計算して合理的、論理的に動いているときもあります。

ですが、それとは逆に、ありもしないような「期待や予想」をする時もあります。

 

わかりやすいのが、「宝くじ」や「落雷」といったもの。

 

この2つの例については後ほど改めて出しますが、限りなく低い可能性を大きく考える傾向が人間にはあります。

 

利益や損失の意識をゆがめて考えてしまうときがあるんですね。

 

次に、プロスペクト理論の簡単な例を出していきます。

 

 

プロスペクト理論の例

 

 

それでは、簡単な例を3つあげていきます。有名な実験ですね。

 

例1

例1

あなたは、どちらのくじを引きますか?

A・・・必ず250万円がもらえるくじ

B・・・50%の確率で500万円がもらえるが、残りの50%は0円

 

皆さんは、どちらを選びますか?

 

迷わずA(迷え)

 

実際に、この場合Aを選ぶ割合が多いと言われています。

それでは、次はこんな例を出します。

 

例2

 

例2

心優しい借金取りから、こんな文書が送られてきました。

どちらかの選択肢を選びなさい。

A・・・500万円の借金を250万円にしてやる

B・・・50%の確率で借金を帳消しにするが、残りの50%は500万円のまま

 

どうせどっちを選んでも損はしないし、、

借金が全て無くなるのは魅力的やな、、

 

さて、あなたはどちらを選びますか?

この場合、Bを選ぶ方が多いのではないでしょうか?

 

実際に、人はBを選ぶ割合が多いと言われています。

 

 

ですが、よく考えるとおかしいですよね?

 

どちらの例も

A・・・必ず250万円もらえる

B・・・50%の確率で500万円もらえるが、残りの50%は0円

のはずなんですが、借金かどうかだけで選ぶ選択肢は違う。

 

それはなぜでしょうか?後ほど解説します。

 

例3

 

最後に、3つ目の例を出します。

 

例3

・落雷に打たれる確率・・・1000万分の1

・宝くじ1等が当たる確率・・・2000万分の1

 

どちらの確率も、途方もない数字ですよね。

まず、「ありえない」確率です。

 

ですが、皆さんは「もしかしたらあり得る」と思っていませんか?

 

はい、私もあり得ると思って昔は宝くじ買ってました。はい。

奥さんは、「落雷は、次は自分に落ちてくるかも」と言って雷が鳴ると一歩も外に出ません。

 

この例も、「プロスペクト理論」が深くかかわっています。

 

それでは、これから詳しく解説していきます。

 

 

例1、例2からわかること(価値関数)

 

 

 

ここからは、先ほどの例を使って、なるべくわかりやすく説明していきます。

 

 

 

先ほどの実験から、大きく分けて2つのことがわかります。

ポイント

・リスクの回避

・損失の回避

 

順番に見ていきましょう。

 

リスクの回避

 

まず、例1から見ていきます。

 

例1

あなたは、どちらのくじを引きますか?

A・・・必ず250万円がもらえるくじ

B・・・50%の確率で500万円がもらえるが、残りの50%は0円

 

ここで、こちらのグラフをみてください。

 

 

これは、人の価値の感じ方を簡単にあらわしたグラフです。

これを、プロスペクト理論の「価値関数」と言います。

 

先ほどの例では、必ず250万円をもらえるくじを選ぶ人が多いと言いました。

 

理由は、グラフの通り2点あります。

・一定の利益までは嬉しさが上昇するので、利益は欲しい

・250万円と500万円の嬉しさの違いはそこまで大きくないため、リスクを負って500万円を取りに行く人は少ない

 

 

ということで、この例では「人は、目の前に利益があると確実に利益を取りに行く傾向がある」ことがわかります。

 

損失の回避【FXにも大きく関係あり】

 

次に、例2を見ていきます。

 

例2

心優しい借金取りから、こんな文書が送られてきました。

どちらかの選択肢を選びなさい。

A・・・500万円の借金を250万円にしてやる

B・・・50%の確率で借金を帳消しにするが、残りの50%は500万円のまま

 

ここでも、価値関数が働きます。

 

Bを選ぶ人が多い理由は、次の2点です。

・人間は、利益よりも損失に敏感

・250万円と500万円でのつらさは大きく変わらないため、それなら損失そのものを回避したくなる

 

 

この例では、「人は、損失が目の前にあると損失そのものを回避しようとする傾向がある」ことがわかりますね。

 

 

これは、私が日ごろ発信しているFXでの失敗に深く関わっています。

 

損失を回避するために、損切りをしなかった」という経験はありませんか?

自覚がある方は、プロスペクト理論の影響を受けているといってもいいでしょう。

 

私自身のFXでの失敗談は、下の記事で詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

 

こちらもCHECK

【FX】筆者が初心者だった頃の失敗談【2つ】

続きを見る

 

また、その対策としては過去検証をオススメします。

過去検証については、下の記事でどうぞ。

 

こちらもCHECK

【FX】過去検証のやり方、方法をわかりやすく説明します【検証例も】

続きを見る

 

例3からわかること(確率加重関数)

 

最後に、例3をもう一度みていきます。

 

例3

・落雷に打たれる確率・・・1000万分の1

・宝くじ1等が当たる確率・・・2000万分の1

 

ここで、このグラフを見てください。

 

これを、プロスペクト理論の「確率加重関数」と言います。

文字のとおり、人は「確率を加えたり重くしたりする傾向がある」ということですね。

 

私たちが、「宝くじで1等が当たるかもしれない」「雷に打たれるかもしれない」と感じるのは、プロスペクト理論が大きく関わっているのです。

 

逆に、こんな例はどうでしょうか?

 

ワクチンを接種したので、99%感染しませんよ。

 

残りの1%は感染するのか、、

 

こう思ってしまうのも、高い確率は「低く」見積もってしまうプロスペクト理論が関わっているんですね。

 

 

まとめ

 

それでは、今回の記事のまとめです。

 

今回の記事のまとめ

・プロスペクト理論とは、利益や損失、確率によって人間が正常にものごとを考えられないことがあることを提唱した説のこと

・人間は、利益よりも損失のダメージが大きい

・損失を回避したくなるので、FXでは対策が必要

・人間は、低い確率を高く、高い確率を低く感じてしまう

 

今回は少し難しいテーマでしたが、参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 

今回の記事は以上になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

-FX初心者向け

© 2021 APPO BLOG Powered by AFFINGER5