FX初心者向け

【FX】水平線とは?使い方も解説します【初心者はまず覚えましょう】

お疲れ様です。アッポーです。

 

今回は、

水平線ってなに?

どのように引けばいいの?

 

といった悩みに答えていきます。

 

今回の記事の内容

・水平線とは何か?

・なぜ、水平線は効くのか?

・筆者の環境認識をご紹介

 

FXを始めて初心者の方には、まず覚えていただきたいテクニカル分析です。

というのも、水平線はエントリー、環境認識など幅広く使えます。

 

私は環境認識に水平線を使っているので、使用例も紹介していきますね。

 

それでは、いきましょう!

 

 

 

水平線とは?

 

まず、水平線とは何でしょうか?

 

そのままですが、水平に引く線のことです。

 

使い方は大きく分けて4種類です。

 

抵抗線(サポートライン)

 

抵抗線(サポートライン)とは、現在の価格より下で何度か跳ね返されている部分に引く線のことを言います。

抵抗線まで来たら、もう一度反発することを期待して買い(ロング)を行うことが多いです。

 

チャートで見てみましょう。

 

 

このように、何度も跳ね返されている線を確認したら、それが抵抗線(サポートライン)であることが多いです。

 

 

支持線(レジスタンスライン)

 

支持線(レジスタンスライン)とは、抵抗線とは反対に現在の価格より上で何度が跳ね返されている部分に引く線のことを言います。

支持線まで来たら、もう一度反発することを期待して売り(ショート)することが多いですね。

 

同じチャートで見てみましょう。

 

 

先ほどと同じチャートですが、上の線でも何度も跳ね返されていますね。

これは、典型的な支持線(レジスタンスライン)だといえます。

 

このように、上下で跳ね返されている状態をレンジ相場といいます。

 

「サポレジ転換」とは?

 

ここで、「サポレジ転換」について解説します。

 

先ほどのチャートの続きを見ていきましょう。

 

 

レンジを上に抜け、一度支持線(レジスタンスライン)に戻ってきています。

 

そうなると、今度はその支持線が抵抗線に変わることがあるんです。

 

これが、「サポレジ転換」です。

 

その後は、抜けた方向に勢いよく伸びていっていることがわかります。

 

環境認識で水平線を引く

 

これは私も日頃から使っています。

 

例えば、ダウ理論での押し安値、戻り高値などに水平線を引き、現在の相場の流れは上か下かを判別したりするときに使いますね。

 

エントリーに使うことは基本的にしません。

 

 

環境認識での引き方については、後ほどご紹介していきます。

 

 

水平線は、なぜ効くのか?

 

それでは、水平線はなぜ反発や意識されることが多いのでしょうか?

 

理由は、「多くの市場参加者が見ているから」です。

 

 

水平線に対する考えは、基本的に2つに分かれます。

 

反発するんじゃないか?
今回こそ抜けるんじゃないか?

といった具合です。

 

 

先ほどのチャートを見ると、トレーダーたちの動きがわかりやすいかと思います。

 

 

レンジを抜けたところを丸で示しています。

 

上下にヒゲを作り、激しい攻防をしていますね。

このチャートは4時間足なので、1日〜2日に渡って攻防しています。笑

買い勢と売り勢の攻防は、こんなイメージでしょうか。

 

買い勢「レンジを抜けた!買いだぁぁ!!」

   「レンジ内で売っていたけど抜けたから厳しい、、損切り(買い)だ、、」

 

売り勢「まだ、、まだだ、、買い勢には負けん、売りだぁぁ!!」

   「買っていたけどいまいち伸びないな、、利確(売り)しよう」

 

 

結局、追加の買いや売っていた人たちの損切りを巻き込み、この後に急上昇しています。

もともとの流れが上昇トレンドだったので、その影響もあったかもしれませんね。

 

このように、参加しているトレーダーの思惑を予想しながら見るのも面白いですよ!

 

 

どの時間足で水平線を引けばいいの?【長期足がオススメ】

 

次に、水平線を引くときに見る時間足はどうしたら良いかを解説します。

 

かなり悩みますよね。。

 

トレードしている時間足はそれぞれ違います。

 

その中で、私がオススメするのは「長期足」です。

「長期足」とは、週足から4時間足までのことを言います。

 

理由は2つです。

 

市場参加者みんなが見ているから

 

マルチタイムフレーム分析という言葉はご存知でしょうか?

例えば、1時間足でトレードする場合に日足→4時間足→1時間足それぞれがどのようなトレンドを作っているかを分析していく方法のことです。

 

15分足でトレードするなら4時間足→1時間足→15分足といった感じですね。

 

もちろん、もともと日足でトレードする人もいます。

 

 

つまり、長期足でトレードしようが、中期足や短期足でトレードしようが、「長期足」を見ている人が圧倒的に多いということです。

ということは、長期足での水平線は多くの人が注目しています

 

そのため、信頼性が強いということです。

 

水平線を引きすぎると混乱するから

 

これは、私が経験したことです。

 

かつての私はデイトレード専門で、ネットで検索した見よう見まねのマルチタイムフレーム分析もどきをしておりました。

 

その時に、「水平線は効きそうな場所に全て引く!」という意味不明のルールを取り入れて引いていたんです。

その時のチャートのイメージはこんな感じです。

 

 

個人的には、この時の自分がどうやってトレードしていたのかつくづく疑問です笑

 

しかも、このチャートでは「どれが長期足の水平線なのか」が全くわかりませんよね。

 

これでは、トレードしづらいのも当然ですし、次第に頭が混乱します。

 

 

なので、今の私は日足(または4時間足)の水平線しか使わないことにしています。

これにより、余計に頭を使うことがなくなり、フレッシュな状態でトレードに向き合えています。

 

 

筆者の環境認識をご紹介します

 

それでは、最後に私が普段行なっている環境認識をご紹介します。

 

混乱を防ぐため、今回は環境認識のみですので、トレードルールなどについては下の記事をご覧ください。

こちらもCHECK

【FX】エリオット波動をとにかくわかりやすく解説【筆者のエントリー例も】

続きを見る

 

 

 

上の画像は、現在のユーロドル4時間足を引いて見たものです。

 

端から端までで、だいたい1年半ほどのチャートです。

 

その中で、まずは流れをわかりやすく確認するため、このようにチャートに沿って線を引いてみます。

 

そうすると、3つのVが確認できます。

これが、「押し安値」です。

 

チャートが進むにつれて、徐々に押し安値が上がっていってますよね?

安値が切り上がっている状態なので、現在は長期で「上昇トレンド」と判断しました。

 

 

そして、最後に「下抜けたらトレンドが転換しそう」という場所に水平線を引いていきます。

 

 

現在の価格が前回の高値を超えられていないので、一つ前の押し安値であるこの位置に水平線を引きました

ここを下抜けたら、売り(ショート)目線で相場を見ていくということです。

 

 

環境認識と難しくいいましたが、私はとてもシンプルに相場を見ています

私は小さい子供が2人いますし、なかなか時間をかけて相場を見ることができないので、

環境認識もエントリーも「とにかくシンプル」にするために検証してきました。

 

忙しい方や、シンプルに相場をみたい!といった方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

まとめ

 

今回の記事のまとめです。

 

今回の記事のまとめ

・水平線には抵抗線、支持線があるが、抜けると役割が転換することがある

・環境認識でも水平線は使える

・水平線を引くなら、長期足がオススメ

・水平線は多くの市場参加者が意識しているため、使いこなそう!

 

今回の記事は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-FX初心者向け

© 2021 APPO BLOG Powered by AFFINGER5