FX初心者向け

スイングトレードは難しい?【理由と解決法を解説します】

 

お疲れ様です。アッポーです。

 

今回は、

スイングトレードがしたいけど、ポジションを長く持つのは難しそう。

スイングトレードを継続して続けるために大切なことは?

 

といった悩みに対して解説していきます。

 

 

今回の記事の内容

・スイングトレードはなぜ難しいのか?

・スイングトレードを難しく感じないための解決法

 

 

私も、最初はスイングトレードに抵抗感がありました。

ですが、今ではスイング以外考えられないほどのスイングトレーダーです。

解決法さえ徹底すれば、スイングトレードは全く難しくありません!

 

スイングトレードには、メリットがたくさんあります。

 

主なメリットとしては、

 

メリット

・チャートをあまり見る必要がない

・トレード以外の時間を有意義に使える

・スプレッドを払う量が少ない

 

などがあります。

 

解決法を知り、スイングトレードを一度身につければ、とても強い味方になってくれるのでぜひ習得していきましょう。

下の記事では、私が普段行なっているスイングトレードを行なう上でのルールなどを解説しています。

 

こちらもCHECK

 

それでは、本題へいきましょう!

 

 

 

 

なぜ、スイングトレードは難しいのか?

 

スイングトレードが難しいと思っている方は一定数いると思いますので、まずはなぜ難しく感じるのかを経験もふまえて考えていきます。

 

理由については、以下の3点が大きいと思います。

 

ポジションを長く持つことに抵抗がある

 

慣れていない方は、ポジションを長く持ち続けることに抵抗があるでしょう。

 

スイングトレードをしていると、スプレッドが広がっている早朝や、急変動が起こりやすい指標やイベント時でもポジションをもたなければならない場面があります。

 

スキャルピングやデイトレードでは、こういった時間帯はノートレードにしている方も多いので、抵抗感が増す原因といえます。

 

握力がもたない

 

ポジションを持ち続ける「握力」がもたないことも、スイングトレードが難しく感じる原因の一つでしょう。

 

例えば、スキャルピングをしている方が、いきなり1週間や1ヶ月単位でポジションを持ち続けることは難しいです。

 

私は、この原因がかなり強敵でした、、

 

トレードが気になって本業に集中できない

 

兼業トレーダーの方は理解できるのではないでしょうか。

 

本業をしている間も、絶えずチャートは動いています。

 

収支が増減しているのに、全く気にせず本業に取り組む。

簡単にできることではありませんよね。

 

 

 

 

ですが、上の3つの理由は全て仕組みや努力で克服することができます。

これから、詳しく解説していきます。

 

スイングトレードを続けていくための解決法5つ

 

それでは、上の3つの原因に対して解決していきましょう。

解決法は、以下の5点です。

 

資金管理を徹底する

 

ポジションを長く持つ上での鉄則は、「メンタルを安定させること」にあります。

 

そのために大切なのは、資金管理を徹底することです。

 

自分の資金量に対してロットやレバレッジを大きくすると、トレード中は精神的に安定していないことが多いです。

 

1回1回のトレードに賭ける気持ちが大きくなりますからね。

 

自分のトレードルールでは、どれくらいのドローダウン(最大損失)があるのかを把握しましょう。

そして、そのデータをもとにして何があっても破産しないような資金管理法を使いましょう。

 

 

ここまでできると、トレード中にメンタルが揺らぐことはあまりありませんよ。

 

資金管理については、下の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

 

こちらもCHECK

【FX】オススメする資金管理法3選【私が実際に使っている資金管理法も紹介】

続きを見る

 

過去検証を行なう

 

スイングトレードに限りませんが、過去検証はメンタルを安定させる重要な要素です。

 

自分のトレードルールがどのくらいの成績を見込めるか知っていなければ、トレード中に落ち着いていられるはずもありません。

 

検証していないルールで負けが続けば、ルール自体を疑いやすくなりますしね。

 

検証している方ならわかると思いますが、トレードは数多く回数を積み重ねることで、勝ったり負けたりしながら利益を増やしていくものです。

語弊があるかもしれませんが、ルール通りにトレードしていれば1回のトレードに大した意味はありません

 

この考え方も身につければ、自然とスイングトレードもできるようになっているはずです。

過去検証については、下の記事でも解説しています。

 

こちらもCHECK

【FX】過去検証のやり方、方法をわかりやすく説明します【検証例も】

続きを見る

 

できないことは、とりあえず諦める

 

これは、私が実際にトレードしていて感じたことです。

 

私の場合、どんなに頑張っても300pips以上の利益は出せないと思います。

 

握力がつづきません、、

 

 

スイングトレードをしていても、「できないものはできない」と割り切って利益確定をするようにしています。

「無理をしてトレード」する必要はありません。

 

ストレスが溜まって普段のトレードに悪い影響が出てしまっては、元も子もありませんよね。

 

過去検証をして、実際にトレードした上でできないことがあれば、それは諦めるようにしましょう。

 

普段から、チャートを確認する時間を決めておく

 

この解決法は、兼業トレーダーの方に強くオススメします。

 

私は、普段は4時間足を見てトレードしています。

4時間足は4時間に1度ローソク足が確定するので、そのタイミングでしかチャートは見ないようにしています。

 

このようなルールを決めておけば、チャートを見る回数が減るのでその分だけトレードを気にする回数も減ります

 

本業に影響が出ないように工夫することは大切です。

 

本業がおろそかになると、トレードに影響が出る

 

これも、私が実際に感じたことです。

 

以前、本業の間にもトレードのことばかりを考えている時期がありました。

 

もちろん、本業のパフォーマンスは大きく低下します。

それにより上司に怒られたり、自分にイライラしていると肝心のトレードにも強く影響します。

 

兼業トレーダーの方は、まず「本業をおろそかにしない仕組み作り」を徹底しましょう!

 

 

 

 

ここまで解決法を説明してきましたが、スイングトレードで大切なことは基本的に「資金管理」「過去検証」といえます。

私は、この2つに本気で取り組んでスイングトレーダーになれました。

なので、間違いありません!

 

いきなり同時に取り組むことは、時間的に厳しい方もおられると思います。

中途半端になってしまってはあまり意味がないので、順番にしっかり取り組んでいきましょう。

 

 

 

まとめ

 

今回の記事のまとめです。

 

今回の記事のまとめ

・スイングトレードが難しく感じる理由は「ポジションを長く持つことに抵抗がある」「握力がもたない」「トレードが気になって本業に集中できない」

・解決法はまず「資金管理」と「過去検証」から始めよう

・一つずつ、妥協せずに取り組もう

 

どのトレードスタイルでも同じことですが、「簡単に」勝てたり身につけられるものではありません。

 

私も、中途半端に検証して大きく負けることがあります。

トレードは、少しずつ力をつけていくしかないんですよね。

 

ですが、努力して習得できれば生涯使える能力にもなりますし、人生を大きく変えることができます。

ともに、自分の目標に向かって取り組んでいきましょう!

 

 

今回の記事は以上です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

-FX初心者向け

© 2021 APPO BLOG Powered by AFFINGER5