FX初心者向け

【FX】初心者にスキャルピングはオススメしません【理由3つ】

 

こんにちは!アッポーです。

 

日々の仕事に検証にトレードにと、皆さんお疲れ様です(*´ω`)

 

自分も含め、いつかこの努力は大きく自分自身に返ってくると信じて、これからも頑張っていきましょう!!

 

さて、今回はFX初心者の方には短期トレードをおすすめしない理由3つに分けて説明していきます。

 

何度も言っていますが、検証して、分析した上で勝てているならもちろんそれでオッケーです!勝てていればなんでもいいんです(^O^)/

 

検証して分析できている時点で、そういった方は初心者ではないかもしれませんが(笑)

 

それではいきましょう!

 

 

トレードすればするほど「取引コスト」がかかる

 

スプレッドによる違いによるコストの差図
引用:DMMFX(スプレッドとは?スプレッドについての基礎知識 - DMM FX

 

 

「取引コスト」とは、FXでいう「スプレッド」のことですね

 

初心者の方は、スプレッドについてどのような考え方をお持ちでしょうか?

 

「あー0.2銭?0.2pipsってことでしょ?全然気にしない」

 

1銭か、、少し大きいけど、勝てればなんでもいいや」

 

と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ぼくはそうでした。「一切」気にしていませんでした。

 

勝ってもちろんそれぐらいのコストは取り戻せる。

 

そんなこといちいち気にしてられるかよ!!へっ!!

 

とかなんとか思っていました。

 

 

でも、ちょっと待ってください。

 

勝てていたらいいのですが、勝てていますか

 

また、短期トレードとなると1週間、1ヶ月で何回のトレードをすると思いますか?

 

仮に110回、月200回トレードしていたとします。

 

スプレッドは様々なペアをトレードし、平均で0.5銭だったとします。

 

0.5×200100銭。つまり100pipsです。

 

100pips勝つことがどれだけ難しいかというのは、FXをある程度経験した方ならわかると思います。

 

 

本当に難しいです。

 

毎月−100pipsからスタートと考えていただいてもいいと思います。

 

かなり苦しくないですか?

 

ぼくが勝てていない初心者なら、月初めから豆腐メンタル必至でしょうね( 一一)

 

それを初心者の方には肝に銘じていただきたいんです。

 

それ相応の努力がないとプラス収支に持っていくことはまずできません。

 

 

 

初心者は負ければ傷つきやすい

 

photo of bear plush toy on pavement

 

 

熟練したトレーダーの方は、「負け」は経費と考えることができるので、負けてもメンタルにはダメージがあまりありません。

 

そして、その境地に達するには数々の検証を踏まえ、資金管理を徹底し、実際のチャートでもトレードを積み重ねなければいけません。

 

一方で、初心者の方は「負け」は「負け」と考えやすい傾向にあります。

 

ギャンブル脳の方、勝率を追い求めている方、「FXは稼げる」とだけ思っている方など多種多様にいて、

そういった方は負けると

 

「くそっ!チャートがそっちに行くなら逆方向ですぐエントリー!」

 

といったやけくそトレードをしがちです。

 

その時点で、「負けを取り返す」という脳になっているんです。

 

トレードの結果を「負け」と認識しているんですね。

 

トレードは、11回を切り離して考えなければなりません。

 

あとは、「負け」ではありません。「損切り」です。

 

「負け」と呼んでいる方は、今日から「損切り」と言い換えてください(^^)/

 

頭の中で「損切り損切り損切り損切り損切り損切り損切り損切り損切り」と唱え続けるだけで、損失に対する考え方が大きく変わる可能性があります。

 

これはかなり重要だと思います。

 

「負け」と思っている方は、とにかくその考え方だけでも修正すべきです!!

 

 

急変動やヒゲに巻き込まれやすい

 

市場は、誰かが買えば買うほど上がるし、逆に誰かが売れば売るほど下がります。

 

トレードをしているのは、僕らのような個人投資家だけではありません。

 

むしろ、個人投資家の資金は些細なものなので、実質的に市場にかなりの影響を与えているのは大口の機関投資家と呼ばれる人たちと言えるのです。

 

大口の機関投資家は、数億円や数兆円レベルのお金があり、そのお金を市場に投入することでチャートを動かすこともできてしまいます。

 

それによって急変動し、ぼくら個人投資家たちが巻き込まれて損切りし、さらにチャートが動いていく。

 

といった仕組みが出来上がっているんですね。

 

短期トレードをしていると、利確や損切りはかなり近くで設定しているので、機関投資家などの一時的な買いや売りで即損切り。

 

ということが起こりやすくなります。

 

それでメンタルに影響が出てしまうと、先程記載したようにチャートに振り回されてしまうのです。

 

 

 

以上の3点が、初心者の方に短期トレードをおすすめしない理由です。

 

もちろん、努力次第で勝てるようになります。

 

自分にあったトレードスタイル、手法を研究して着実に利益を積み重ねていきましょう!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

 

-FX初心者向け

© 2021 APPO BLOG Powered by AFFINGER5